基礎体力研究所

HOME > 基礎体力研究所 > 研究成果

2017年の研究成果

学術論文(査読あり)

  • Oue A., Sadamoto T.: Compliance in the deep and superficial conduit veins of the non-exercising arm is unaffected by short-term exercise. Physiol. Rep., in press.
  • Sato K., Oba N., Washio T., Sasaki H., Oue A., Otsuki A., Sadamoto T., Ogoh S.: Relationship between cerebral arterial inflow and venous outflow during dynamic supine exercise. Physiol. Rep., 5: pii: e13292, 2017.
  • Oue A., Sato K., Yoneya M., Sadamoto T.: Decreased compliance in the deep and superficial conduit veins of the upper arm during prolonged cycling exercise. Physiol. Rep., 5: pii: e13253, 2017.
  • Itoh G., Ishii H., Kato H., Nagano Y., Hayashi H., Funasaki H.: Risk assessment of the onset of Osgood-Schlatter disease using kinetic analysis of various motions in sports. PLoS One, 13: e0190503, 2018.
  • Nagano Y., Yako-Suketomo H., Natsui H.: Anterior cruciate ligament injury: Identifying information sources and risk factor awareness among the general population. PLoS One, 13: e0190397, 2018.
  • Higashihara A., Nagano Y., Ono T., Fukubayashi T.: Differences in hamstring activation characteristics between the acceleration and maximum-speed phases of sprinting. J. Sports Sci., 36(12) : 1313-1318, 2018.
  • 手島貴範,沢井史穂,定本朋子,角田直也:思春期のサッカー選手における大腿筋群の部位別にみた発育特性.J. Exerc. Sci.,27:1-8,2018.
  • 夏井裕明,井筒紫乃:低酸素環境下における動脈血酸素飽和度(SaO2)とパルスオキシメータで計測された経皮的酸素飽和度(SpO2)との対応性に関する研究.J. Exerc. Sci.,27:9-14,2018.
  • 梨本智史,大森豪,佐藤卓,永野康治:膝前十字靭帯再建術後患者における筋力と両脚ジャンプ着地動作との関連.日本臨床スポーツ医学会誌,26:47-53,2018.
  • 永野康治,嶋田祥磨,東原綾子,笹木正悟:大学男子バスケットボール選手における等速性股関節トルクおよび方向転換能力との関係について. トレーニング科学,29:65-70,2017.
  • 笹木正悟,永野康治,福林徹:異なる片脚着地動作が体幹加速度と体幹角度,下肢角度に及ぼす影響. 日本臨床スポーツ医学会誌,25:239-247,2017.

論文集・著書

  • Kamimura A., Kawata Y., Izutsu S., Hirosawa M.: The effect of awareness of physical activity on the characteristics of motor ability among five year old children. In: Ahram T. (eds) Advances in Human Factors in Sports, Injury Prevention and Outdoor Recreation, AHFE 2017, Advances in Intelligent Systems and Computing, vol. 603, pp. 100-107, Springer, 2018.
  • Kawata Y., Kamimura A., Izutsu S., Hirosawa M.: Effect of relative age on physical size and motor ability among Japanese elementary schoolchildren. In: Ahram T. (eds) Advances in Human Factors in Sports, Injury Prevention and Outdoor Recreation, AHFE 2017, Advances in Intelligent Systems and Computing, vol. 603, pp. 108-120, Springer, 2018.
  • 定本朋子:エネルギー源と酸素を補給する循環機能(効率)の低下.宮下充正編著『疲労と身体運動』,杏林書院,pp.44-49,2018.
  • 沢井史穂:年齢と疲労 身体活動量からみた疲労と健康寿命.宮下充正編著『疲労と身体運動』,杏林書院,pp.104-109,2018.
  • 沢井史穂:トレーニングの実際 (2)対象者の軸 ②肥満者・女性・高齢者のトレーニング.第51回トレーニング指導士養成講習会テキスト,(公財)日本体育施設協会,pp.114-129,2017.
  • 永野康治:Ⅲ検査評価総論 5動作分析評価 3)機器を用いた最先端の手法.片寄正樹,小林寛和,松田直樹(編集) スポーツ理学療法プラクティス 機能評価診断とその技法,文光堂,pp.177-181,2017.

総説・報告・資料(査読なし)および翻訳

  • 定本朋子:スポーツ科学の研究が社会と繋がるために.体育の科学,Vol.68:2-3,2018.
  • 定本朋子:学術研究の発展をもとに普遍的ニーズに応える.体育の科学,Vol.67:290-291,2017.
  • 沢井史穂,大庭尚子:産学連携による地元住民向け健康づくり教室の取り組みと評価―第2報―.J. Exerc. Sci.,27:38-46,2018.
  • 沢井史穂:エビデンスに基づく健康運動のプログラム 特集『社会と共創するスポーツ科学研究の展開Ⅰ』.体育の科学,67:326-332,2017.
  • 夏井裕明:日本女子体育大学健康管理センターにおけるスポーツ外傷・障害受診状況の推移に関する考察.大学総合研究,1:87-90,2018.
  • 井筒紫乃,川田裕次郎,上村明,繁田進:小学生陸上競技選手の相対的年齢効果.日本陸上競技研究紀要, 印刷中.
  • 高橋佐江子,永野康治:疫学調査からみたACL損傷と動作.理学療法ジャーナル,51:751-755,2017.
  • 永野康治(共訳):第4章 腰椎の正常および病態の力学.小山 貴之,玉置 龍也(監訳) 腰痛―エビデンスに基づく予防とリハビリテーション― 原著第3版,ナップ,pp.103-157,2017.

学会発表

  • Takagi Y., Sato K., Oba N., Sadamoto T., Ando S.: Effects of caffeine ingestion on executive function and cerebral perfusion. 22th Annual congress of the European college of sport science (ECSS), Ruhr Metropolis Region, 2017.7
  • Izutsu S., Kamimura A., Hamano N., Hirosawa M.: Relationship between motor abilities, toe skill, and like and dislike for physical activity among Japanese kindergarten children. ISSP 14th World Congress, Sevilla, 2017.7.
  • Okuno C., Hasegawa C., Natsui H.: Posture in Japan’s traditional performing art “NOH” Leads to a good posture -From the perspective of Toyo Fujimura’s Posture Education.18th IAPESGW World Congress,Miami, USA,2017,5.
  • Nagano Y., Sasaki S., Ichikawa H.: Movements with greater trunk acceleration and their properties during badminton games. The Second World Congress of Sports Physical Therapy, Belfast, 2017.10.
  • Sasaki S., Nagano Y.: Differences in greater trunk acceleration frequency in badminton games between high-school and junior high-school players. 2017 ASICS Sports Medicine Australia Conference, Malaysia, 2017.10.
  • Oue A., Saito M., Iimura Y.: Effect of short-term endurance interval training on venous compliance in humans. The 17th International Conference on Environmental Ergonomics, 2017,11.
  • Iimura Y., Saito M., Oue A.: Effect of pedal cadence on the venous compliance after moderate cycling exercise. The 17th International Conference on Environmental Ergonomics, 2017, 11.
  • 佐藤耕平,大庭尚子,渡邉航平,定本朋子:EMSにおける脳血流応答.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017,9.
  • 小河繁彦,佐藤耕平,平澤愛,定本朋子:筋代謝受容器反射が椎骨動脈血流に及ぼす影響.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017,9.
  • 手島貴範,沢井史穂,定本朋子,角田直也:サッカー選手における股関節屈曲筋群の形態および筋力の性差.第72回日本体力医学会,愛媛,2017,9.
  • 柴田恵子,田中寿志,沢井史穂:若年成人の上肢及び下肢の筋硬度の性差.東京体育学会第9回大会,東京,2018,3.
  • 久芝さくら,野口麻衣子,沢井史穂:アクアダンスの基本動作における下肢の筋活動水準の評価.東京体育学会第9回大会,東京,2018,3.
  • 宮寺賀依,沢井史穂:エアロビックダンスの各種ステップにおける下肢の筋活動水準の評価.東京体育学会第9回大会,東京,2018,3.
  • 野口麻衣子,久芝さくら,沢井史穂:ピッチの違いがアクアダンスの基本動作における下肢の筋活動水準に与える影響.東京体育学会第9回大会,東京,2018,3.
  • 佐藤裕菜,柴田恵子,石田良恵,田中寿志,沢井史穂:運動習慣の異なる高齢女性の上腕及び大腿の筋硬度比較.東京体育学会第9回大会,東京,2018,3.
  • 井筒紫乃,川田裕次郎,上村明,広沢正孝:全国大会出場の小学生陸上競技選手の特性.第16回日本発育発達学会,東京,2018.3.
  • 井筒紫乃,五月女仁子,上村明,川田裕次郎,浅井正信:幼児の「運動の好き嫌い」「足趾の巧緻性」および「運動能力」の関連性について.第14回日本幼児体育学会,京都,2017,8.
  • 森健一,小林敬和,沼澤秀雄,井筒紫乃:世界共通のキッズ「走・投・跳」プログラムに参加した児童の運動に対する意識調査.第47回日本レジャー・レクリエーション学会大会,沖縄,2017.8.
  • 笹木正悟,永野康治,市川浩,福林徹:試合中の体幹加速度を指標としたビデオ分析-オーバーヘッドストローク後の片脚着地に着目して-.第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会,2017,11.
  • 永野康治,東原綾子,笹木正悟:Web-based システムを用いた傷害調査 ―スポーツ障害を含めた傷害発生状況を把握する試み―.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017,9.
  • 笹木正悟,島田結依,永野康治:ジュニア期のバドミントン試合中における体幹加速度と体格の関係.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017,9.
  • 村岡慈歩,小山彩香:バスケットボールのチェストパスにおける正確性と生理学的運動強度との関係.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017,9.
  • 大上安奈,斉藤道子,飯村泰弘:縦断的な短期間の間欠負荷運動トレーニングが静脈コンプライアンスに及ぼす影響.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017,9.
  • 飯村泰弘,斉藤道子,大上安奈:異なる回転数の自転車運動が下腿部静脈コンプライアンスに及ぼす影響.第72回日本体力医学会大会,愛媛,2017,9.
  • 大上安奈,川口英夫:減塩に関する栄養改善教室が中・高齢者の栄養素・食品群別摂取量に及ぼす影響.第64回日本栄養改善学会学術総会,徳島,2017,9.

シンポジウム・セミナー等の講演

  • 定本朋子:血管年齢を若くしよう!日本女子体育大学健康スポーツ学専攻主催「健康スポーツのすすめ」.東京,2017,10.
  • 定本朋子:運動生理学 ~運動時の呼吸循環系を理解する/反応・調節・適応.公益社団法人日本フィットネス協会主催「医科学と運動の学術セミナー」,東京,2017,8.
  • 沢井史穂:健康運動実践指導者養成校養成講座主任教員研修会,東京,大阪,2018,3.
  • 沢井史穂:健康運動実践指導者養成校養成講座実技教員研修会,東京,大阪,福岡,2017,9.
  • 沢井史穂:第51回トレーニング指導士養成講習会,東京,2017,9.
  • 村岡慈歩:子ども時代に作っておきたい「身体」の基本.明星小学校 教養講座,東京,2018,1.
  • 永野康治:競技特性の理解と外傷予防の方策.花田学園スポーツ医科学フェスティバル2017,東京,2017,9.
  • 井筒紫乃:日本陸上競技連盟U16タレント発掘クリニック「発育発達」(理論),山形,2018,1.
  • 井筒紫乃:国際陸上競技連盟(IAAF)レベルⅠコーチ講習会「発育発達論」,東京,2017,12.
  • 井筒紫乃:日本陸上競技連盟U13タレント発掘クリニック「発育発達」(理論),新潟,2017,11.
  • 井筒紫乃:日本陸上競技連盟U13タレント発掘クリニック「発育発達」(理論),沖縄,2017,10.
  • 井筒紫乃:日本マラソン財団オリンピックレガシー事業「キッズアスレティックス」.江東区立深川小学校,東京,2017,10.
  • 井筒紫乃:楽しい運動あそび.足立区保育士研修会,東京,2017,10.
  • 大上安奈:運動・栄養の観点から高齢者の健康づくりを考える~地域と連携した取り組み~. 文部科学省平成29年度私立大学研究ブランディング事業「多階層的研究によるアスリートサポートから高齢者ヘルスサポート技術への展開」Kickoff Symposium.東京,2018,3.
  • 大上安奈:板倉町(採食健美教室)および明和町(食の介護予防教室)の中・高齢者を対象とした減塩に関する栄養改善講話の実施. 平成29年度東洋大学地域活性化研究所シンポジウム『地域活性化と町の健康づくり』. 群馬, 2018,2.