スポーツ科学専攻

HOME > 学部・大学院 > 運動科学科 > スポーツ科学専攻

ポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

スポーツ経験が豊かで、スポーツ科学の勉学に意欲があり、スポーツ指導者として必要な理論を学び、コーチング、コンディショニング等の能力を高めたいと考えている女性


カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

本学の教育理念・教育目的を実現するために、以下の方針によりカリキュラム(教育課程)を構成しています。

  1. 1.学習に必要な基礎知識・技術の修得と心豊かな人間性を養うための科目として、2学科4専攻に共通する教養科目を開設しています。
  2. 2.各専攻の高度な専門的知識・技術及び指導・実践能力を、基礎から段階的かつ体系的に学ぶため専門基礎教育科目と専門教育科目を開設しています。また、講義、演習、及び実習を科目の内容と特性に応じて配し、効果的な学習がおこなわれるようにしています。
  3. 3.全学的にスポーツ指導並びに舞踊指導の力を身につけるための科目を設置しています。
  4. 4.体育学部で学ぶ知識や技能を活かし、学校教育及び社会福祉の現場で指導的役割を果たすことのできる保健体育科教諭、幼稚園教諭、及び保育士を養成しています。そのための教員免許状や資格を取得できるカリキュラムを編成するとともに、スポーツや健康運動に関する資格取得に配慮した科目も開設しています。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学の教育理念の実現を意図したカリキュラムを通じて、卒業までに以下のことを身につけ、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(運動科学、スポーツ健康学)の学位を授与します。

  1. 1.4つの専攻に共通するカリキュラムの多面的な履修を通して、幅広い教養を身につけるとともに、人間や社会、自然や科学、そして運動やスポーツに関わる問題をさらに深く探求する姿勢を身につける。
  2. 2.各専攻の専門的・体系的学修を通して、高度な知識と技術、高い身体活動能力や表現能力を修得するとともに、その指導力を身につける。
  3. 3.学修や様々な活動を通して修得した力を、社会において十分に発揮できる指導者(リーダー)としての能力を身につける。

スポーツ科学専攻