健康スポーツ学科

Department of Sports and Health Science

HOME > 学部・大学院

健康スポーツ学科の人材養成及び教育研究上の目的

子どもから高齢者まであらゆる人々を対象に、健康のためのスポーツの場をどのように創りどう支えるか、また、実施者それぞれの目的や状況に応じたスポーツプログラムや運動が心身に与える影響などについて学ぶことを目的とする。これをふまえ、養成する人材像は次のとおりである。

  1. 1.子どもから高齢者まで、あらゆる年代の人々の健康づくりと生きがいづくりに寄与する運動・スポーツの実践、指導、マネジメントのできる運動・スポーツの指導者
  2. 2.学校、地域、介護・医療施設などの幅広い職域において、運動・スポーツを通じて人々の心と身体に働きかけ、生涯に亘って健康で豊かな生活を送ることができるようサポートするための専門的知識と能力を身につけた、運動・スポーツの指導者

学科の特徴Features


学科長メッセージMessage

健康スポーツ学科長 助友 裕子

健康はどこでつくられているのでしょうか。
身体活動は、健康づくり・疾病予防やその回復に大きく貢献します。それにもかかわらず、日本人の身体活動量は低下していると言われています。多様な人々が共存する地域社会の中で、人々の身体活動量が増加するための仕掛けづくりは、いかにあるべきか。あなたなら、どのような人たちに、どのような生活機会を提供することができますか?健康スポーツ学科で、健康な社会をつくるための技術とハートを、一緒に育てていきましょう。

健康スポーツ学科長 助友 裕子


関連リンク