スポーツ科学科

Department of Sports Science

HOME > 学部・大学院

スポーツ科学科の人材養成及び教育研究上の目的

競技としての運動もしくはスポーツの価値を重視し、運動それ自体や、運動が競技スポーツとして実施される場合に関連するスポーツ科学の諸領域を対象に教育研究し、競技スポーツの発展とスポーツに参画する人々の充実した活動実践に寄与することを目的とする。これをふまえ、養成する人材像は次のとおりである。

  1. 1.科学的に裏打ちされた理論と方法によって行われる高度な運動技能の理解とその実践能力を身につけた女性アスリート
  2. 2.トップアスリートから体育授業に取り組む学習者まで、運動やスポーツに取り組むあらゆる対象の人々に対して応用的で実践的、そして総合的にスポーツ指導ができる女性指導者

学科の特徴Features

  • スポーツ方法

    スポーツ方法

    基本的な技能や戦術を理解し、実践できる能力を育成します。

  • スポーツコーチング

    スポーツコーチング

    技術力を向上させるトレーニング理論や実践的なプログラミング・コーチング理論を学びます。

  • スポーツコンディショニング

    スポーツコンディショニング

    スポーツ技能・競技力を最大限に発揮できる身体的・心理的条件を整えるコンディショニングの理論を学びます。


学科長メッセージMessage

スポーツ科学科長 吉田 孝久

スポーツ科学科では、体育・スポーツの指導者を育てることを目指しています。
体育やスポーツを「教えられる」ようになるには、まず、それぞれのスポーツの動きが「できる」ことが求められます。そして、その動きが「できる」ようになって初めて動きが「わかる」ようになり、「教えられる」ようになります。これは、音楽を教えるには楽器を演奏できないと教えられないのと一緒だと思います。
一方で、「教えられる」ようになるには、体育・スポーツの動きを理解するだけでなく、その理論的な背景も学んでいくことも必要です。
スポーツ科学科では、こうした実技と理論を学ぶことができます。
まずは自分自身をコーチングして、両面から指導できる人を目指して下さい。

スポーツ科学科長 吉田 孝久


関連リンク

対象者別メニュー
サイト内検索