健康スポーツ学科

HOME > 学部・大学院 > 教員情報 > 教員紹介

教員紹介

助友 裕子

助友 裕子(スケトモ ヒロコ)

〈健康スポーツ学科長〉 教授

専門分野

ヘルスプロモーション

取得学位

博士(医学)(順天堂大学)

研究テーマ

ヘルスプロモーション活動におけるパートナーシップ形成プロセス
健康情報普及のためのLearning Partner Modelプログラムの開発
児童・生徒を対象としたがん教育指導法の開発およびその評価

所属学会

日本公衆衛生学会
日本ヘルスプロモーション学会
International Union for Health Promotion and Education
日本健康教育学会
日本学校保健学会
日本民族衛生学会
日本家族社会学会
健康社会学研究会

主な業績

著書

  • 『健康行動理論による研究と実践』(日本健康教育学会編) 医学書院,2019年(共著)
  • 『保健科教育法』(森良一編著) 東洋館出版社,2016年(共著)
  • 『事例分析でわかるヘルスプロモーションの5つの活動』(健康社会学研究会編) ライフ出版,2016年(共著)
  • 『学生のための現代公衆衛生』(野中浩一編) 南山堂,2016年(共著)
  • 『日本のがん対策―「今,何をするべきか」がわかる本―』(今井博久編)(2012)共著 サンライフ企画
  • 『がん・統計白書―罹患/死亡/予後―2012』(祖父江友孝監修)(2012)共著 篠原出版新社

論文

  • 助友裕子.ヘルスプロモーション活動におけるアクションリサーチを立ち上げる際の研究デザイン構築プロセス.日本健康教育学会誌 2019;27(2):186-191.
  • 助友裕子.がん教育のこれから.初等教育資料 2018;(973):78-81.
  • Yako-Suketomo H, Katanoda K, Kawamura Y, Katayama K, Yuasa M, Horinouchi H, Saito K. Children's Knowledge of Cancer Prevention and Perceptions of Cancer Patients: Comparison Before and After Cancer Education with the Presence of Visiting Lecturer -Guided Class. J Cancer Educ. 2018; (DOI 10.1007/s13187-018-1408-7)
  • Nagano Y, Yako-Suketomo H, Natsui H. Anterior cruciate ligament injury: Identifying information sources and risk factor awareness among the general population. PLoS One 2018;13(1): e0190397. (DOI 10.1371/journal.pone.0190397. eCollection 2018)
  • Oura A, Suzumura M, Yamamoto M, Yako-Suketomo H, Katayama K, Tokizawa A, Sato T, Mori M. Factors related to depression among childcare worker; Cross-sectional study in Hokkaido, Japan. Sapporo Medical Journal 2017; 86(1-6): 25-32.
  • Sugisaki K, Ueda S, Ueji M, Monobe H, Yako-Suketomo H, Eto T, Watanabe M, Mori R. A Cross-sectional investigation of cancer-screening intentions, sources of information, and understanding of cancer in Japanese adolescents. J Canc Educ 2018; (DOI 10.1007/s13187-016-1056-8)
  • 助友裕子,Navarro M Ana.市民向け講座で得たがん予防知識が受講者以外の地域住民に普及する可能性-Learning Partner Modelを用いた検討-.日本健康教育学会誌 2016;24(1):12-22.
  • Yako-Suketomo H, Katanoda K, Sobue T, Imai H. Practical use of cancer control promoters in municipalities in Japan. Asian Pac J Cancer Prev 2014; 15(19): 8239-44.
  • Sugisaki K, Ueda S, Monobe H, Yako-Suketomo H, Eto T, Watanabe M, Mori R. Cancer understanding among Japanese students based on a nationwide survey. Environ Health Prev Med 2014; (DOI 10.1007/s12199-014-0406-6)
  • 助友裕子,片山佳代子,片野田耕太,稲葉裕.部位別がん検診受診率と各種ボランティア活動行動者率の関連―がん検診受診率とソーシャル・キャピタルに関する検討―.民族衛生 2013;79(4):87-98
  • Yako-Suketomo H and Katanoda K. Burden of cancer incidence in Asia extrapolated from the Cancer Incidence in Five Continents Vol. IX. Japanese Journal of Clinical Oncology 2012; 42(12): 1233.
  • 助友裕子,河村洋子,久保田美穂.小学校高学年を対象としたがん教育の実施可能性―教科等との関連および教師の考え方を中心とした検討―.学校保健研究 2012;54(3):250-9.
  • 助友裕子,島内憲夫,片野田耕太,稲葉裕.市区町村の健康増進計画における支援的な環境整備と部門間連携の関連―関東地方市区町村の健康増進計画に関する調査データの解析―.民族衛生 2011;77(6):240-51.
  • 助友裕子,河村洋子,柴田愛,石井香織,今井(武田)富士美,岡浩一朗.自治体の健康づくり事業における会員制ウォーキングシステム事業化のパートナーシップ形成プロセスの検討―M市健康推進課のICウオーク事業―.保健医療科学 2011;60(4):339-46.
  • Yako-Suketomo H, Inaba Y and Shimanouchi N. Administrators’ healthy lifestyle, satisfaction with the process of health policy making and their relationship with municipalities in Japan. Health Promotion Research 2011; 3(1): 26-37.

受賞歴

  • 第67回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞
  • 第2回日本公衆衛生看護学会学術集会 優秀ポスター賞
  • 第26回日本健康教育学会学術大会 学会奨励賞
社会的活動

千葉県白井市総合計画審議会 副会長
神奈川県がん教育協議会 委員
福岡県がん教育指導資料作成委員会 スーパーバイザー
武蔵野市教育委員会 社会教育委員
三鷹市スポーツ推進審議会 会長
国立教育政策研究所 高等学校学習指導要領実施状況調査問題作成・結果分析委員会 委員
文部科学省「がん教育」の在り方に関する検討会 がん教育教材作成ワーキングメンバー
文部科学省 学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等協力者

主な担当授業(学部)

スポーツ健康科学演習
衛生学・公衆衛生学
保健体育科教育法(教育の方法・技術含む)

主な担当授業(大学院)

スポーツ健康科学特演
健康教育とヘルスプロモーション特講

関連リンク

健康スポーツ学科長メッセージ

健康スポーツ学科