第72回全国中学校・高等学校
ダンスコンクールを開催

Pick up

img_dancecontest191123_yn_02507.jpg

ソロ・デュエット部門 優勝 田澤 きよ花(浜松聖星高等学校)

img_dancecontest191123_yn_02460.jpg

ソロ・デュエット部門 第2位
古山 夏帆(新潟県立新潟中央高等学校)

img_dancecontest191123_yn_02412.jpg

ソロ・デュエット部門 第3位
鈴木 彩葉(埼玉県立越谷北高等学校)

次年度へ向けさらなるダンスの追求と発展を期待

演技終了後、審査結果の発表およびトロフィーの授与が行われました。まずは、石﨑朔子学長が登壇。「例年になく技術性の高い発表があり、その表現力に関心しておりました。みなさんがこうして活躍できるのも、日頃の練習と、指導にあたる先生方の力添えがあってこそ。コンクールも今年で72回を迎えます。これまでの成果が評価され、本学舞踊学専攻が来年よりダンス学科として認可されることになりました。さらに専門性を高め、ダンスを追求していただきたいと思います」と、コンクールの手応えと今後の期待を語りました。

続いて審査委員長であり本学舞踊学専攻主任の松山善弘教授が登壇し、「熱演が多く、本当に楽しみました」と学生たちを奨励。さらに、「上位に入る学校は5つの点をクリアし、完成度の高い作品を発表しています。それはまた審査の基準にしている点でもあります。1つ目は身体がよく訓練され鍛えられているか、2つ目は主題にふさわしい表現が行なわれているか、3つ目は作品の展開や構成に工夫がみられるか、4つ目は作品全体が独創性に溢れ何らかの魅力があるか、5つ目は総合的な完成度の高さ。出場校のみなさんはこれらをぜひクリアして欲しい」と次年度へ向けた課題を述べ、受賞式を締めくくりました。

第73回全国中学校・高等学校ダンスコンクールは、1年後の11月23日(月・祝)に予定されています。日々の精進を経てどんな成長をみせてくれるのか、中学生・高校生ダンサーたちのさらなる飛躍に期待と注目が高まります。

img_dancecontest191123_yn_02652.jpg

特別出演プログラム
ソングリーディング部1.2.3.4年生「Warriors」

img_dancecontest191123_yn_02673.jpg

特別出演プログラム
舞踊学専攻4年生 尾上 実梨 平田 祐香「独白」

img_dancecontest191123_yn_02737.jpg

特別出演プログラム
舞踊学専攻1.2.3.4年生「Know Myself」

img_dancecontest191123_yn_02756.jpg

特別出演プログラム
舞踊学専攻1.2年生「眠れる森の美女」第3幕より「宝石の踊り」

img_dancecontest191123_yn_02784.jpg

特別出演プログラム
モダンダンス2.3.4年生「深淵に咲いた魂の華」

img_dancecontest191123_yn_02813.jpg

審査委員長 松山教授による講評

img_dancecontest191123_yn_02826.jpg

石﨑学長からの賞状授与