資格・就職

HOME > 資格・就職 > OG図鑑

専門・サービス系
アシスタントディレクター

Y.S.(2008年度・健康スポーツ学専攻卒)

TV番組制作会社


おすすめしませんが、面白さではかなりのものです。

テレビ番組制作のアシスタントディレクターをやっているSさん。働き始めてまだ半年くらいですが、仕事の面白さを感じる一方でこの業界ならではの大変さもあるようです。
<2009.11収録>

何の仕事をやっているの?

テレビ番組制作のAD(アシスタントディレクター)をやっています。CS放送向けのサッカーの番組を担当していて、Jリーグの中継番組や、欧州のリーグの番組を作っています。

Jリーグは生放送していますが、欧州のリーグは予算や時間の関係で現地には行けないので、伝送されてくる映像に実況をつけて放送をしています。サッカーざんまいの毎日です。

面白そうな仕事ですね。

面白さではかなりのものですよ。仕事は面白いんですけど、大変です。今はリーグが開幕したので、そのためのいろんな準備で寝られません。明日も6時半起きでJリーグの現場に向かいます。今日は、奇跡的に休みだったんです。

実際にどういうことをやっているの?

なんでもやります。荷物運びやゴミ捨てもするし、解説者のかたのフォローをしたり、ディレクターのご飯を買いに行ったり、素材になる映像や音源を集めたり。

過去のテープを集めている図書館みたいのがあるんですよ。ディレクターがたとえば、「ここにちょっとデルピエロのワンショットカットが欲しいな。」なんて言うと、そこに行ってテープを借りてガアーッって見て映像を探したりします。他にもいっぱい仕事があるんですけど、まあ要するになんでもやるんですよ。

どんな会社ですか?

私は、番組制作のスタッフを何人も抱えている会社に、契約社員として所属しています。そこから別の番組制作会社に出向するかたちで、テレビ局の仕事をしています。

ADってすぐにやめたりするので、離職率がハンパじゃないんです。ADを正社員で雇うのは、制作会社にとっては相当リスクが高いから、どこも出向とかで欲しがるんですよ。それで何年か続けて大丈夫そうだとなったら正社員にする、そういうスタンスのところが多いですね。

1つの番組にいろんな会社の人が関わっているんですか?

はい。私はまだ、CS放送しか行ったことがないのでなんとも言えないんですけど、たとえばプロデューサーでも、同じ番組に局のプロデューサー(局P)がいて、他に制作会社のプロデューサーもいます。だいたい、1人1人で立っている番組が多いかなっていう感じです。会議の席などでプロデューサーが2人いると、たぶん偉そうにしている人が局Pです。

番組契約というのもあって、それは特番が多いんですけど、その番組が終わったらさようなら、みたいな契約で働いています。

仕事をしていて良かったと思えることは?

やっぱりスポーツ関係の仕事ができているっていうのは、4年間体育大に通った意味もあるし、良かったなと思いますね。サッカーが大好きなので、仕事で試合が生で見られるっていうのがすごい嬉しいですね。それとたまに、Jリーグで選手の出場300試合達成みたいなそういう現場に立ち会えたりするのも、仕事をやっていて良かったなあって思います。

どうしてその仕事をしようと思ったの?

大学時代は健スポでした。部活とか委員とかの活動は全くしていなくて(苦笑)、でもせっかく体育大で4年間やったのだから、スポーツ関係の仕事がしたいと思い、かねてから興味のあったマスコミ系を目指そうと思いました。

マスコミ系の就活時期は早く、3年生の1月にいちばん最初の会社を受けて、そこから2月の終わりくらいまでは、週に1、2回のペースで受けてました。3月、4月はかなり忙しかったのを覚えています。

最初はすごい高望みしていて、誰もが知ってる通信社とかを受けていたんですよ。そこのスポーツ部門とかで。筆記が...、みたいな感じだったんですけど。倍率もすごく高かった。

その頃、証券会社から内定をいただきました。でもやっぱりスポーツに関わる仕事にこだわっていて、中々踏み切れないでいました。そうこうしているうちに教育実習の時期になって、企業の採用活動もここで一息みたいな感じで下火になりました。で、自分も一息ついたんです。

私はその頃エキストラのバイトをしていて、6月くらいだったかな。撮影現場を見ているうちに面白いなと思って興味がわいてきました。こういうところで仕事をするのもありだと思いました。

7月の半ばくらいから2回目の就職活動をスタートさせました。テレビの仕事でスポーツ関係の仕事ができないかと思って、今度は番組制作会社を受け始めました。9月に入ってリーマンショックが起き、株価があっという間に暴落しました。

今の会社の内定をとったのは、9月の終わりくらいでした。本当は通信社や新聞社の記者職でマスコミに関わりたかったんですけど、このさい四の五の言ってられないという思いもあって、そこに決めました。

給料のことは考えなかった?

いや、考えましたよ、もちろん。お金は。

生活面はどうですか?

給料は、労働時間の割には少ないと思います。もっとも遊ぶ時間が少ないのでお金も使わず、極貧というほどではないですけど。今は会社の借り上げ寮に住んでいます。

寮でご飯は食べられるの?

いや、ご飯は基本自分のお金と手で...。現場でロケ弁(お弁当)とかお菓子とかが余る事もあり、そういう時はありがたくいただいて帰ってお家で食べることもあります。

仕事で大変なことは?

あー正直、人間関係は大変だなって思います。業界人ってかなり気まぐれだし、人間的にもすっごくできた人と、すっごくできてない人の両極が激しくて、すっごくできてない人の下についちゃうとほんと大変です。

先輩が倒れた時、「すいません。何とかさんが倒れてしまったので、代わりに私が勤めさせていただきます。」って言っても、「あー、はいはい。」だけで。そこ、「はい。」っていう瞬間じゃないし、そもそも「大丈夫?」の一言はないのって思うんですけど。ものを渡そうとしても、必ずひったくるように持って行く人がいたり、なんか人間的にちょっとな...と思うことも。

ディレクターやプロデューサーのご機嫌取りみたいなことも毎日あるし、仕事をしていてあまりに理不尽なことが積み重なると、「この仕事は誰かの役に立っているんだろうか?」って考えてしまうこともあります...。あんまり言うと、愚痴が止まらなくなるのでこの辺でやめますね(笑)。

勤務時間やお休みはどんな感じ?

勤務時間は何時間っていうのはないですね。終わるまでです。休みは番組によりますが、私の場合シーズン中は週に1回休めるくらい。うまくいけば連休がとれるみたいな感じ。私なんかはいいほうで、バラエティ番組のADになったりすると、3カ月休みがなかったりするようです。

そういう世界だってわかってました?

若干は...。

今の夢や目標は何ですか?

とりあえず1年間、この業界で無事に終えることです。3年は頑張りたいですね。

3年頑張ったらディレクターを目指すしかないよね。

ですよね。今は、契約社員扱いなので、とりあえず正社員を目指して、それからディレクターになって、という感じかな。

サッカーの仕事を続けられたらいいですけど、もしなんだろう、私が使えないとか番組的に予算が厳しいとかの場合は、首を切られて差し戻しの可能性もあります。それで、また別の番組とかに送られたりするみたいです。 30才までは頑張ろうかな、でも実際28くらいまでなのかなあ...、頑張れるのは。

その先は?

...転職かな?永久就職はないだろうし(笑)。

同じ業界で上をめざしての転職もあるんですか?

きれいに別れられれば、それもありですね。ただ泥沼で辞めてしまうと、業界が狭いので噂も立つしやりにくいし、そもそも次のところで雇ってもらえないと思います。

ところでTV業界の景気はどうですか?

景気は芳しくないです。すこぶる芳しくないです。もうコスト削減、コスト削減で。

将来的には、どうなんですかね。CSは有料放送で、日本人のスタイルとしては、まだテレビは無料で見るものというのが主体じゃないですか。海外だと有料でお金払っても見たい物をマニアックに見る人が多いみたいです。

今後日本がどっちの流れになっていくのかで、この先繁栄していくのか、細々やっていくのかが決まるような気がします。一般の民間放送と違って、視聴率とかもいっさい気にしないしCMにも頼っていないから、そこはいいのかもしれないですね。

証券会社とどっちが良かったと思いますか?

難しい質問ですね。今の仕事はまだ現場に出て間もないというのもあるんですけど、その日を乗り切るのがいっぱいいっぱいみたいな感じですから。うーん、どうなんだろう、証券やっていたら1年先、2年先がもうちょっと見えるのかなって思います。人生のライフプランというやつが。

ADやっているとそんなプラン立てられないですからね。まあでも、見通し云々で決めた訳ではないので、そこは比べても仕方がないのかな。

自分の好きなことをやるか、生活を重視するかの選択ですね。

そうですね。それが両方かなっている人もいるんだろうけど。まあでもどっちにしても仕事になっちゃえば、思い描いていたものとはだいぶ違うみたいですね。

ニチジョ生でADになりたい人へのアドバイスはありますか?

ええー、ADになるためのアドバイスですか?...、やめとけ?(笑)今からでも遅くないからやめとけって?それでも、どうしてもなりたいっていうんだったら、正社員雇用のところをねらえ、ですかね。少しでも雇用形態とか生きやすさを求めるのなら、局傘下の制作会社がやっぱりいいですよ。

私は運良くサッカーの番組に携われたけれど、普通はそんな希望は叶いません。だから、絶対スポーツ系の仕事がやりたかったら、報道部門とかバラエエティ部門とか、部門で分かれている会社のスポーツ部門を狙ってみるほうがいいと思います。

ところでいきなりディレクターにはなれないの?

なれない、なれない。みんなADから出発します。

今、自分が就職活動するとしたら?

警察官受けますね、間違いなく。現役の時も迷ったんですよね、警察官。その割には受けてないんですけど。番組制作と違って直接的に誰かの役に立ってる仕事って、時々うらやましいと思ったりしちゃうんです。でも警察官は30才まで採用するから、今の仕事が最悪の時は...。

じゃ、第2の人生は警察官もある?

もう第2の人生かー、早いなあ(笑)。