日本女子体育大学

文字サイズ
小
中
大
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 地域・一般の皆様
  • 企業の皆様

ニチジョ体育.com

HOME > ニチジョ体育.com > OG列伝 > 人見絹枝


受験生情報サイト新しいウィンドウが開きます

入試やオープンキャンパスの情報が満載。


Go-Career新しいウィンドウが開きます

就職と進路のための情報サイト。ニチジョ生の就職活動を応援。

OG列伝

人見絹枝

人見絹枝は本学の前身、二階堂体操塾の第3期生。日本女性初のオリンピック(1928年(昭和3年)第9回・アムステルダム大会)出場を果たし、陸上競技女子800メートルで「死の激走」を演じた末、銀メダルを獲得。日本女性初のオリンピックメダリストとなりました。
さらに1930年(昭和5年)第3回万国女子オリンピックにおいて、走幅跳で世界記録を樹立して優勝、個人総合得点で第2位となりました。「太ももを露にして女が走る」と罵られた時代に、偏見と戦いながら、日本女性の存在を世界に示した最初の女性であり、我が国初の女性スポーツ記者でもありました。

二階堂体操塾卒業1925年(大正14年)

第6回全英女子陸上競技大会

第9回オリンピック アムステルダム大会
(1928年(昭和3年))800m予選

ページトップへ