スポーツ科学専攻

Sports Sciences Major

HOME > 学部・大学院 > 運動科学科

スポーツ科学専攻の目的

スポーツ指導の専門的能力を育成することを大きな目的としています。最新のスポーツ科学に則った競技理論を学ぶだけではなく、最大限の能力を発揮するためのコーチングやコンディショニングを学び、指導者としての高い資質を身につけます。自分自身のアスリート体験に知識が加わることにより、競技者としてあるいは良き指導者として、様々な形で社会に貢献できるよう学びます。


専攻の特徴Features


専攻主任メッセージMassage

スポーツ科学専攻主任 柴田 雅貴

スポーツ科学専攻では、動きが「できる」「わかる」「教えられる」スポーツ指導者を育てることを目指しています。「できる+わかる」につながる「スポーツ方法実習・スポーツ方法基礎演習」の授業や、「わかる+教えられる」ようになるための「スポーツコーチング演習」の授業を中心として、それらの理論的背景も学ぶことができます。動きを覚えようとする人に共感し、共振しながら指導できる人になりましょう。

スポーツ科学専攻主任 柴田 雅貴


関連リンク