舞踊学専攻

Dance Studies Major

HOME > 学部・大学院 > 運動科学科

舞踊学専攻の目的

芸術であり表現運動でもある舞踊を、理論と実技の両面から体得することを目的としています。「創る・踊る・観る」という舞踊の基本技能を向上発展させると共に、踊り手としての能力を磨くことはもちろん、踊る喜びや楽しさを伝える指導力の育成、そして舞台運営者としての制作やマネジメント、音響、照明なども合わせて学びます。


専攻の特徴Features


専攻主任メッセージMassage

舞踊学専攻主任 松山 善弘

中学校でダンスが必修科目になりました。すでに日常の様々な場面で多数のダンススペシャリストが活躍していますが、いよいよ学校教育の場でもダンススペシャリストが必要とされる時代が到来しました。舞踊学専攻では、以前から「創る・踊る・観る」の3つの柱を基に、芸術、芸能の場で力を発揮するダンススペシャリスト(創れる・踊れる)はもちろんのこと、様々な教育の場で力を発揮するダンススペシャリスト(教えられる)の育成にも力を注いでまいりました。その成果を広く世の中に発信する拠点となる多目的ホールも完成しております。恵まれた環境の中で、様々なジャンルのダンス実技と多岐にわたる専門理論や最新知識を学びながら、ダンスを通じて多くの人々に生きる力と勇気、そして感動を与える事ができる「つよく、優しく、美しい」ダンススペシャリストたちがここ日本女子体育大学では日々育っています。

舞踊学専攻主任 松山 善弘


関連リンク