ダンス学科

Department of Dance

HOME > 学部・大学院

ダンス学科の人材養成及び教育研究上の目的

身体を媒体とした表現運動に関する基礎的な理論と専門的知識を学び、さらに、ダンスを創る、踊る、観るという舞踊の創作と実践に関わる基盤的能力の向上と発展を図ることを目的とする。これをふまえ、養成する人材像は次のとおりである。

  1. 1.高度な身体能力と表現技法に裏付けられたダンスの専門的技能と、ダンス及びその関連事象に関する理論を身につけた、豊かにダンスを創造し表現できるダンスアーティスト(ダンサー・振付家等)並びにダンス指導の専門家
  2. 2.多様な対象者を念頭に人間のライフサイクルを通じたダンスの楽しさや価値について伝えることのできる教員や、社会教育等を通じて人々の生活の質向上に貢献できるダンスの指導者

学科の特徴Features

  • 舞踊芸術

    ダンス芸術

    ダンス芸術や表現運動の基礎理論を学び、また、各種ダンスのテクニックや創作、振付、演出などを習得することによりダンスパフォーマンス力を高め、独自の表現ができるようにします。

  • 舞踊指導法

    ダンス指導法

    ダンスの楽しさや喜びを伝えるダンス指導者に必要な理論と指導法を学びます。

  • 舞台制作

    ダンス・マネジメント

    ダンス公演の制作・マネジメントや音響・照明などの舞台効果の理論と方法を学びます。


学科長メッセージMessage

ダンス学科長 八木 ありさ

2020年4月、日本で初めて体育学部の「ダンス学科」が誕生しました。その出発点は、大学のカリキュラムとして日本で初めて舞踊コースが本学に設置された1967年ですから、すでに50年を超える経験を背景に取り組む最新プロジェクトです。 こころを踊らせ、生きる力と勇気を与えてくれるダンス。人と人をつなぐダンス。新しいものの見方に目を開かせてくれるダンス。すべての人にダンスの力を届けてゆきたい!そんな意気込みです。 学生たちは「創る」「踊る」「観る」という3つの角度から、思う存分ダンス実技や理論に取り組みます。調査によれば、本学での学びを通して学生たちは、多様なダンス実技の力はもちろんのこと、「自分から働きかけ」「異なる意見の良さを見つけ」「新しい価値を生み出す」力が養われると実感しているそうです。これらは、ITやAIがさらに進化してゆく時代において我々に一層求められる力であり、与えられた技術に振り回されず課題を発見し解決する力、AIでは生み出すことのできない価値を見つけ出す感性・探求心が高まることを意味しています。 ここ日本女子体育大学体育学部ダンス学科では、たくさんの仲間たちと豊かな環境に恵まれて、新しい時代を創る多彩なダンススペシャリストたちが育ってゆきます。

ダンス学科長 八木 ありさ


ダンスレターDance Letter

最新号

バックナンバー


関連リンク

対象者別メニュー
サイト内検索