日本女子体育大学

文字サイズ
小
中
大
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 地域・一般の皆様
  • 企業の皆様

体育学部・大学院

HOME > 体育学部・大学院 > スポーツ健康学科 > 健康スポーツ学専攻


受験生情報サイト新しいウィンドウが開きます

入試やオープンキャンパスの情報が満載。


Go-Career新しいウィンドウが開きます

就職と進路のための情報サイト。ニチジョ生の就職活動を応援。


ニチジョ体育.com

学生・教員・OGの活動をレポート。部活動の情報もこちら。

スポーツ健康学科 健康スポーツ学専攻

概要

カリキュラム

取得できる免許・資格 ポップアップで開きます

教員情報 ポップアップで開きます

健康スポーツ学専攻の目的

スポーツを通じて、子どもから高齢者まであらゆる人々の心と身体に働きかけ、生涯に亘って健康で豊かな生活を送ることができるようサポートする能力の育成を目的としています。記録や勝負ではなく「楽しみ」のためのスポーツの場をどのように創りどう支えるか、それぞれの目的や状況に応じたスポーツプログラムや、運動が心身に与える影響などを学びます。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

スポーツに関心があり、基礎運動能力を有し、多様なスポーツ・健康の学問分野に取り組み、体力向上と健康増進のための指導者としての能力を高めたいと考えている女性

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学の教育理念・教育目的を実現するために、以下の方針によりカリキュラム(教育課程)を構成しています。

  1. 1.学習に必要な基礎知識・技術の修得と心豊かな人間性を養うための科目として、2学科4専攻に共通する教養科目を開設しています。
  2. 2.各専攻の高度な専門的知識・技術及び指導・実践能力を、基礎から段階的かつ体系的に学ぶため専門基礎教育科目と専門教育科目を開設しています。また、講義、演習、及び実習を科目の内容と特性に応じて配し、効果的な学習がおこなわれるようにしています。
  3. 3.全学的にスポーツ指導並びに舞踊指導の力を身につけるための科目を設置しています。
  4. 4.体育学部で学ぶ知識や技能を活かし、学校教育及び社会福祉の現場で指導的役割を果たすことのできる保健体育科教諭、幼稚園教諭、及び保育士を養成しています。そのための教員免許状や資格を取得できるカリキュラムを編成するとともに、スポーツや健康運動に関する資格取得に配慮した科目も開設しています。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学の教育理念の実現を意図したカリキュラムを通じて、卒業までに以下のことを身につけ、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(運動科学、スポーツ健康学)の学位を授与します。

  1. 1.4つの専攻に共通するカリキュラムの多面的な履修を通して、幅広い教養を身につけるとともに、人間や社会、自然や科学、そして運動やスポーツに関わる問題をさらに深く探求する姿勢を身につける。
  2. 2.各専攻の専門的・体系的学修を通して、高度な知識と技術、高い身体活動能力や表現能力を修得するとともに、その指導力を身につける。
  3. 3.学修や様々な活動を通して修得した力を、社会において十分に発揮できる指導者(リーダー)としての能力を身につける。

健康スポーツ学専攻の特徴

スポーツ教育

多種多様な世代・層の人たちに対し、それぞれの目的や状況に応じて、学校の体育・スポーツ、運動部活動、地域のスポーツ活動において、幅広く指導できることを目指します。

健康運動指導

健康や体力について専門的に学ぶことにより、健康体力の保持・増進を目的として、対象者の多様な特性を配慮した健康運動指導ができることを目指します。

スポーツマネジメント

学校の体育・スポーツ、地域活動やNPOおよびビジネスとしてのスポーツなどの効果的なしくみづくりやその運営ができることを目指します。

専攻主任メッセージ

運動不足は喫煙、高血圧に次いで日本人の死亡リスクの第3位となっていることをご存知でしょうか。運動・スポーツは今や一部の愛好家や競技選手だけのものではなく、すべての人にとって欠かせない生活習慣の一つと考えられるようになっています。それと同時に、対象者の個別性に応じた適切な運動・スポーツを科学的根拠に基づいて指導できる人材が求められています。社会のニーズに応えられる健康スポーツ指導の専門家を目指して下さい。

健康スポーツ学専攻主任 沢井 史穂

ページトップへ