日本女子体育大学

文字サイズ
小
中
大
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 地域・一般の皆様
  • 企業の皆様

体育学部・大学院

HOME > 体育学部・大学院 > スポーツ健康学科 > 幼児発達学専攻


受験生情報サイト新しいウィンドウが開きます

入試やオープンキャンパスの情報が満載。


Go-Career新しいウィンドウが開きます

就職と進路のための情報サイト。ニチジョ生の就職活動を応援。


ニチジョ体育.com

学生・教員・OGの活動をレポート。部活動の情報もこちら。

スポーツ健康学科 幼児発達学専攻

概要

カリキュラム

取得できる免許・資格 ポップアップで開きます

教員情報 ポップアップで開きます

幼児発達学専攻の目的

健全な発育を促す技術を備えた保育者の養成を目的としています。運動に関する知識や技術を保育の指導理論と結びつけ、自ら動ける保育者として、子どもの発達段階に応じた運動能力の育て方、身体・音楽・造形等の表現を通しての感性の育て方、さらに障がいを持つ子どもたちへの支援についての理論と実際を学びます。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

子どもや子どもの表現・遊びに関心があり、運動に理解の深い幼稚園教諭・保育士を目指す女性

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学の教育理念・教育目的を実現するために、以下の方針によりカリキュラム(教育課程)を構成しています。

  1. 1.学習に必要な基礎知識・技術の修得と心豊かな人間性を養うための科目として、2学科4専攻に共通する教養科目を開設しています。
  2. 2.各専攻の高度な専門的知識・技術及び指導・実践能力を、基礎から段階的かつ体系的に学ぶため専門基礎教育科目と専門教育科目を開設しています。また、講義、演習、及び実習を科目の内容と特性に応じて配し、効果的な学習がおこなわれるようにしています。
  3. 3.全学的にスポーツ指導並びに舞踊指導の力を身につけるための科目を設置しています。
  4. 4.体育学部で学ぶ知識や技能を活かし、学校教育及び社会福祉の現場で指導的役割を果たすことのできる保健体育科教諭、幼稚園教諭、及び保育士を養成しています。そのための教員免許状や資格を取得できるカリキュラムを編成するとともに、スポーツや健康運動に関する資格取得に配慮した科目も開設しています。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学の教育理念の実現を意図したカリキュラムを通じて、卒業までに以下のことを身につけ、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(運動科学、スポーツ健康学)の学位を授与します。

  1. 1.4つの専攻に共通するカリキュラムの多面的な履修を通して、幅広い教養を身につけるとともに、人間や社会、自然や科学、そして運動やスポーツに関わる問題をさらに深く探求する姿勢を身につける。
  2. 2.各専攻の専門的・体系的学修を通して、高度な知識と技術、高い身体活動能力や表現能力を修得するとともに、その指導力を身につける。
  3. 3.学修や様々な活動を通して修得した力を、社会において十分に発揮できる指導者(リーダー)としての能力を身につける。

幼児発達学専攻の特徴

子どもの健康と発達

子どもの心身の健康にかかわる理論と実際や、その健康な発育の方法論を学びます。

子どもの運動能力や感性

子どもの運動能力や感性を育て、いろいろな表現の楽しさが味わえる働きかけ方を習得します。

子育て支援

障がいのある子どもや保護者などへの支援も含め広く保育をとらえます。

専攻主任メッセージ

本学の幼児発達学専攻の特徴は、体育大学という環境の中にあること。保育者にとって大切な「身体を動かすことが好き」と言う資質を伸ばしながら、子どもと一緒に遊べる、しなやかな心と身体を磨きます。
そしてもう1つは、少人数制教育。個性豊かな学生一人ひとりにきめ細やかな教育を行っていることです。子どもときちんと向き合うことができ、子どもにとって何がよいのか・・・、何が幸せか・・・を考えられる保育者の育成を目指しています。

幼児発達学専攻主任 諸冨 満希子

ページトップへ