大学院 スポーツ科学研究科

Master’s Course In Sports Science

HOME > 学部・大学院

スポーツ科学研究科の目的

本学大学院スポーツ科学研究科は、スポーツと関連する諸々の事象に、科学的に対応できるような学術の理論と応用を研究教授し、高度な専門性を持った指導者、研究者、専門家の育成を行い、我が国のスポーツ科学水準の向上と発展に貢献することを目的としています。
また、このような教育目標のもと、次のような専門的能力を持つ人材を養成したいと考えています。

育成を目指す専門的能力

  1. 1.学校〈幼稚園・保育所を含む〉などでのスポーツ・ダンス指導の専門的能力
  2. 2.生涯スポーツ指導の専門的能力
  3. 3.スポーツ事業に関するマネジメントの専門的能力
  4. 4.チャンピオンスポーツに関する指導・支援の専門的能力
  5. 5.舞踊家としての専門的能力
  6. 6.スポーツ科学分野における研究支援能力

研究科の特徴Features


研究科長メッセージMassage

研究科長 定本 朋子

大切にしたい将来の夢。そして今の自分。この両者をつなぐ架け橋。それが大学院といえるかもしれません。より高い理想と希望の実現のため、自らが積極的に、自分の資質、能力、個性に磨きをかけ、懸命に自分を育てる場と時間なのかもしれません。
日本女子体育大学大学院スポーツ科学研究科の使命(ミッション)は、「スポーツ科学の知識に精通し、新しい知識を開発する能力と質の高い指導力をもつ人材の養成を目指し、これからの健康的で文化的な社会への発展に貢献すること」です。このような大学院のミッションを達成するために、スポーツ医科学、スポーツ運動学、スポーツ健康科学、スポーツマネジメント、スポーツ教育科学、舞踊学、幼児発達学における教育と研究活動が展開されています。本学大学院は男女共学であり、他大学から進学した人、仕事をしながら学ぶ社会人、そして海外からの留学生もいます。1993年(平成5年)に設置されて以来、これまで約200名の修了生が社会に輩出され、様々な分野で各々の専門性を生かして活躍しています。
本学大学院の特徴は、きめ細かい双方向の教育研究と応用的実践的な教育研究にあるといえます。小人数の大学院生に対して複数の教員による研究指導、つまりチームティーチングを実施し、大学院生と教員が相互に刺激し合い、共に育つ共育(教育)研究環境を形成しています。また、スポーツ科学の教育の成果は、実践現場において役立つものであることが重要です。このような観点から、学外の機関(国立スポーツ科学センター、国立女性教育会館、世田谷区教育委員会、世田谷区スポーツ振興財団、障害者施設、要介護高齢者施設、NPO法人等)および多様なスポーツやダンスの現場(種々のフィットネスクラブやスポーツクラブ、プロスポーツ団体、スポーツシンクタンク、バレエ団や舞踊団等)において、生きた知識と実践的能力を身につける演習を教育の基盤としています。
一人ひとりが夢の実現に向かって、目標を立て、自らの意志で研鑽を積もうとする人を、本学大学院の教職員が全力で支援いたします。希望に満ちた将来に向けて、また理想とする自分に近接するために、前に向かって進んでください。

研究科長 定本 朋子


関連リンク