大学案内

HOME > 大学案内

学長メッセージ

学長 イメージ

最近の社会環境を俯瞰してみると、様々な分野で加速度的な発展がみられます。例えば、米国の未来学者が提唱している「シンギュラリティ」という概念は、人工知能:AIが人類の知能を超える転換点(技術的特異点)、またはそれがもたらす世界の変化のことですが、彼は2045年にシンギュラリティが到来すると予測しています。この例に代表されるように、電気化・機械化・情報化がもたらす社会環境の変化は、私たちに日常生活の作業軽減と便利さを享受させる一方、普通の生活だけでは運動不足と栄養過多による不健康という代償をもたらします。その結果、数十年前は考えられなかった「金銭を支払って、身体を疲れさせる」スポーツクラブが、街角に存在する時代となりました。換言すれば、数十年で価値観が真逆になることもあり得るので、時代に即した適応が必要になります。今日、さらに重要となるのが、サステナブルな健康をめざして身体運動を理論と実践で多角的に支える、教養としての「体育」なのです。

本学は、女子体育における我が国の旗艦大学として、社会に適合しながら発展しており、2022年に創立100周年を迎えます。子どもから高齢者までが生涯にわたって健康を維持しながら豊かな社会生活を送ることは万人の希望ですが、そのためには、今後さらに、教養としての体育の実践と理論が重要になることは確実です。本学は、体育を通して、日本国内はもとより国際社会でも活躍できる多様な能力を持った女性を育てることを目指しています。その教育をより一層発展させるために、2020年度より体育学部の2学科4専攻を改編し、新たにスポーツ科学科、ダンス学科、健康スポーツ学科、子ども運動学科を開設しました。これまでの4つの専攻が土台となり、それぞれが学科として独立することで本学の特徴を明確にし、より良い教育を進め、さらなる発展を目指します。したがって、学生はこれまで以上に明確な目的と内容に基づいた、より専門的で高度な学びと研究が、エキスパートの専門教員を通じてできるようになります。

半世紀ぶりに東京で開催されるオリンピック・パラリンピックが、来年に延期されました。本学には、競技選手や様々な支援者としての参加、そしてスポーツ科学に関する学術会議への貢献などが期待されています。このイベントへの関わりも含めて、本学はスポーツやダンスの競技力向上の実践はもちろんのこと、身体機能に関わる代謝や栄養そして発達、種目に特化した動きや心理コントロール、障害に対応する医科学、スポーツに関わる社会的影響など、総合知としての体育学・スポーツ科学に関わる理論も兼ね備えた人材の養成に、教職員が一丸となって取り組んでいく所存です。

日本女子体育大学 学長 深代 千之

学長の経歴等詳細は以下よりご覧ください。

学長 経歴紹介

大学概要