日本女子体育大学

文字サイズ
小
中
大
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 地域・一般の皆様
  • 企業の皆様

大学案内

HOME > 大学案内 > 本学の理念 > 沿革

沿革

大学の歩み

開塾

1922年(大正11年)4月15日、二階堂体操塾は東京府下代々木山谷425番地(現在の小田急線参宮橋駅の近く)に開塾した。全寮制の塾の内部は、質素なものであったが、時代は女子の専門教育、職業進出への要求が社会の中に高まってきているときでもあり、多くの志願者があった。
創立の翌年1923年(大正12年)9月、関東地方は大震災に見舞われ、塾の建物は使用に耐えなくなり、1924年(大正13年)1月、東京府下松沢村松原717番地(現在の附属二階堂高校・附属みどり幼稚園の場所)に移転した。

専門学校への昇格

1926年(大正15年)財団法人日本女子体育専門学校が設立され、同年二階堂体操塾は日本最初の体育専門学校となり、新進気鋭の女子体操教師を養成、教育界に送り出した。

短期大学の誕生

1950年(昭和25年)学校法人二階堂学園が設立され、同年体育科と保育科を持つ日本女子体育短期大学が誕生した。校舎は空襲の被害は受けなかったが、すでに老朽化が進んでおり、改造・新築のため、資金募集、ダンス地方巡回公演等、諸々の努力がなされた結果、施設の充実が図られた。

四年制大学の設置とその後

1965年(昭和40年)待望の日本女子体育大学体育学部が誕生。現在の烏山キャンパス(世田谷区北烏山8丁目19番1号)に鉄筋コンクリート3階建ての校舎が建設された。
その後、短期大学を松原から移転させ、教育機関の烏山キャンパスへの一体化を進めるとともに、1989年(平成元年)基礎体力研究所の設置、1993年(平成5年)大学院修士課程の設置など、研究機関の整備・充実につとめた。1999年(平成11年)には時代の要求に応えるべく大学の改組を行い、現在に至っている。

年譜

1922年
(大正11年)
二階堂体操塾開塾
1926年
(大正15年)
日本で初めて女子体育専門学校として認可される
1950年
(昭和25年)
『学校法人二階堂学園』設立
学制改革により『日本女子体育短期大学』となり、体育科と保育科を設置
1965年
(昭和40年)
『日本女子体育大学』体育学部開学
1967年
(昭和42年)
短大体育科に体育専攻と舞踊専攻を設置
1989年
(昭和64年・平成元年)
体育学部体育学科に3つのコース(運動学・体育学・健康体力学)設置
同年、基礎体力研究所設置
1990年
(平成2年)
体育学部体育学科に芸術スポーツコースを増設
1991年
(平成3年)
スポーツトレーニングセンター竣工
1993年
(平成5年)
『日本女子体育大学大学院』設置
健康管理センターを設置
1996年
(平成8年)
スポーツトレーニングセンターを設置
1999年
(平成11年)
体育学部体育学科を改組し、運動科学科、スポーツ健康学科を増設
同時に『日本女子体育短期大学』を募集停止とする
情報処理センターを設置
2005年
(平成17年)
日本女子体育大学新図書館開館
2012年
(平成24年)
日本女子体育大学総合体育館完成
2013年
(平成25年)
創立90周年記念式典を行う
2015年
(平成27年)
日本女子体育大学総合型地域スポーツクラブ発足
日本女子体育大学開学50周年記念式典を行う
2016年
(平成28年)
若葉寮竣工
関連するページへ

ページトップへ