日本女子体育大学

文字サイズ
小
中
大
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 地域・一般の皆様
  • 企業の皆様

大学案内

HOME > 大学案内 > 本学の取り組み > ハラスメント防止対策

ハラスメント防止対策

日本女子体育大学ではすべての学生および教職員が、個人として尊重され、セクシュアル・ハラスメントやアカデミック・ハラスメントのない快適なキャンパス環境のなかで、学び、研究し、働く権利を保障するために積極的に取り組んでいます。
本学では、ハラスメント防止および問題解決のためのガイドラインを策定し、あらゆる嫌がらせ(ハラスメント)の防止に努めています。

セクシュアル・ハラスメントとは

相手方の意に反する性的言動によって、不利益を与えたり、不快感を与えたりして、修学・就労上の環境を悪化させることをいいます。「セクシュアル・ハラスメント」は主に次の3つに分けられます。

地位利用型
研究・教育上または職務上の地位・権限を利用して性的要求をすること
対価型
利益・不利益を条件に性的要求をすること
環境型
勉学や職務の遂行を妨げ、教育・研究・職場環境を悪化させること

セクシュアル・ハラスメントになり得る言動として、例えば、次のようなものがあります。

  • スリーサイズを聞くなど身体的特徴を話題にする
  • 個人の性的な風評を流したり、性的なからかいの対象としたりする
  • 「男のくせに根性がない」「女には仕事は任せられない」「女は学問などしなくとも良い」などと発言する
  • 成人に対して「坊や、お嬢さん」「おじさん、おばさん」などと人格を認めないような呼び方をする
  • 身体を執拗に眺め回す
  • 食事やデートにしつこく誘う
  • 身体に不必要に接触する
  • 女性であるというだけでお茶くみ、掃除、私用等を強要する
  • 女性であるというだけの理由で仕事や研究上の実績等を不当に低く評価する

アカデミック・ハラスメントとは

『研究教育の場における権力を利用した嫌がらせ』のことをいいます。アカデミック・ハラスメントは、それが起きる場面によって、研究活動に関するもの、教育指導に関するもの、それ以外の職場いびりに類するもの、暴力的発言や行為など相手に身体的・精神的な傷害を与える行為に分類することができます。

アカデミック・ハラスメントになり得る言動として、例えば、次のようなものがあります。

  • 「お前はバカだ」などと人格を認めないような発言をする
  • 理由を示さずに単位を与えない
  • 些細なことに対して大声で叱責する
  • 虚偽のうわさを流す。怪文書を配る
  • 必要のない徹夜指導、休日指導などを強要する
  • 家族関係・友人・恋人のことなど、プライベートについて執拗に聞く

問題への対応と対策

  1. 1.被害者はハラスメントが発生した日時・内容等を記録しておきます。
  2. 2.学内の相談員(※)に相談します。相談員への連絡は、直接面接、電話、電子メール、手紙等いずれの方法でも構いません。
    • 相談員は全学生に配付しているパンフレット「セクシュアル・ハラスメント/アカデミック・ハラスメント防止のためのガイドライン」の最終ページに掲載されています。
  3. 3.その後の対応は、被害者からの求めを受けて、ハラスメント防止委員会の判断により行われます。
  • 大学はハラスメント被害者のプライバシーを厳守し、また、申し出たことに対して不利益な取り扱いは一切いたしません。

ハラスメントを発生させないために

すべての学生および教職員は次のような点に十分に留意する必要があります。

  1. 1.お互いの人格を尊重し合うこと
  2. 2.不快に感じるか否かには個人差があること
  3. 3.この程度の言動は相手も許容するだろうという勝手な憶測をしないこと

すなわち、セクシュアル・ハラスメントやアカデミック・ハラスメントを防止するためには、「相互の信頼関係」が大切であり、日頃から、お互いの立場を尊重しあって、健全な人間関係を確立していくことが必要です。

日本女子体育大学
ハラスメント防止委員会

ページトップへ