日本女子体育大学

文字サイズ
小
中
大
  • 受験生の皆様
  • 在学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 卒業生の皆様
  • 地域・一般の皆様
  • 企業の皆様

大学案内

HOME > 大学案内 > 本学の取り組み > 自己点検・評価および第三者評価

自己点検・評価および第三者評価

本学は、教育研究水準の向上をはかるため、教育・研究、組織・運営並びに施設・設備の状況について、自ら点検および評価を行っています。平成5年度に第1回の自己点検・評価を実施し、報告書を刊行して以来、おおむね2年に1回実施しています。平成23年度には、財団法人日本高等教育評価機構による2回目の第三者評価を受け、「同機構の定める大学評価基準を満たしている」と認定されました(認定期間:2011年4月1日-2018年3月31日)。

  • 大学は学校教育法第109条により、文部科学大臣が認証した評価機関の実施する評価を定期的に受けることを義務づけられています。

(財)日本高等教育評価機構認証評価結果

自己点検・評価報告書

こちらからダウンロードできます。

学生による授業評価アンケート

本学では、学生による授業評価アンケートを平成15年度から実施しています。評価項目は15項目で、評価は「5.そう思う」から「1.そう思わない」の5段階評価となっています。平成17年度からは、原則として全教科(非常勤講師担当科目も含む)を対象とし、前期・後期の2回実施しています。
評価結果は、授業改善に役立てるため、教員には担当科目ごとに返却しています。全体では、実習・演習系、講義系(専門)と講義系(教養・教職)の3区分で集計し、本学の授業についての学生の評価傾向を経年的に把握できるようにしています。
今回、大学の教育情報の公開の一環として、直近2年間の全体集計を掲載いたします。

日本女子体育大学
自己点検・評価委員会

関連するページへ

ページトップへ